デュナミス・バルクルム

画像


昨日は裏LSでデュナミス・バルクルムに行って来ました。

時系列表記になります。

0825 ログイン。LSの人数5人。

0845 LSの人数、11人。

    裏ブブリムに突入予定でしたが今回も中止になりそうな勢い。
    空いている別のデュナミスに突入する案も出て
    デュナミス・バルクルムにアクセサリー狙いでの突入検討を始めます。

0900 LSの人数、11人。

    デュナミス・ブブリムの突入は中止し
    ボスを倒さなくても雑魚撃破でアクセサリーが狙える
    デュナミス・バルクルムへの突入に変更されます。

    各自、マウラからセルビナへ向けて移動を開始します。

画像


0932、デュナミス・バルクルムへ突入。
    LSの人数、11人。黒pt込みのアライアンス編制。

    学者で待機していましたがシーフに着替え。

    本隊はスタート地点のOP裏で待機し
    サポ解放トリガーであるトンボ釣りに釣り師が出かけます
    (トンボはOP東の羊キャンプ、セルビナ西のヒポグリフキャンプ、
    セルビナ東のマンティコアキャンプに1匹ずつ)。

    因みにOP南にはサボテンダーキャンプがあるので注意
    (この人数だと針万本で軽く全滅出来そうです)。

0937、羊キャンプのトンボ撃破。

    トンボ自体は超スリップの毒が厄介なだけで
    前衛陣の攻撃と黒ptの精霊により1分程度で撃破出来ましたね。

0939、ヒポグリフキャンプのトンボ撃破。

画像


0943、マンティコアキャンプのトンボ撃破。

    この時点でサポートジョブの解放を終え
    セルビナ西のヒポグリフキャンプに向います。

0947、ヒポグリフ掃討開始。

    釣ったヒポグリフより小さめのヒポグリフ2体がpop。
    食事含めた強化消しで空蝉まで消されてしまうのが厄介です。

    1体ずつ釣れていた間はヒポグリフの寝かし処理が間に合ってましたが
    巡回しているヒポグリフが絡んで5~6匹のヒポグリフが溜まって来ると
    強化消しで空蝉が消され被ダメージ回復が間に合わなくなって来ます
    (ブリストも消されて被害拡大。寝かし処理も間に合わなくなります)。

    回線落ちで白魔道士が欠けた時点で本隊は半壊。
    黒ptのゾンビでヒポグリフの寝かしキープを続ける状態になります。

    回線復帰と衰弱回復を待ち体制を立直してから各個撃破を再開。

0947、召喚アクセサリードロップ。無かった事にされます。

0959、劣化モンクAF2ドロップ。無かった事にされます。

画像


1002、詩人アクセサリードロップ。無かった事にされます。

1007、忍者アクセサリードロップ。

1020、ヒポグリフ掃討終了。

    セルビナ東のマンティコアキャンプに向います。

1022、マンティコア掃討開始。

    釣ったマンティコアから2体の子機がpopするのはヒポグリフと同じ。
    TPリジェネがあるようですが空蝉でのターゲット回しが効くので
    ヒポグリフよりも対応は楽でしたね。

1032、制限時間終了。

ある程度の人数が確保できればボス・モルボルの撃破も可能なのでしょうが
アクセサリー狙いでしか来る事が無さそうな雰囲気です。

今回の戦果は劣化AF2が1個(実質0個)、
アクセサリーが3個(実質1個)になりました。

 今日のスカイダイバー

画像



謎の円盤 UFO COLLECTORS’ BOX PART2 [DVD]
東北新社
2003-11-27


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック