勝手気ままに、我がままに

アクセスカウンタ

zoom RSS BC・「應龍来々」

<<   作成日時 : 2007/04/30 10:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


一昨日は、夕食を済ませてから
BC「應龍来々」とBC「帝龍降臨」の連戦に参加してきました。

サルベージ活動が終わってから
アバターを白門のモグハウスに放置しておいて夕食の支度に取り掛かります。

1900過ぎにゲームに戻って白門噴水前でシャウトログ取り。

アサルト「土筆作戦」の3人チャレンジ募集シャウトがあったので参加申し込み。
ドラゴンと出会いがしらになってリレイズVのお世話になりましたがクリア。

「土筆作戦」を終えてもチケットが3枚あったので、
「黒羊買付作戦」の3人チヤレンジ主催シャウトを始めます。
金鉱が3個掘り当てられたので、10分ちょっとで黒羊5匹買付でクリア。

2100からのBC「應龍来々」まで時間がありましたので、
ナイトサポ白に着替えてアルザビ外のコリブリ狩りに出かけます。

コリブリだけでなく丁度のフォモルにも手を出してみましたが、
コリブリの2〜3倍の時間をかけても削り切れずに、
こちらのMPが尽き掛けたので白門に撤退。

フォモルは楽な相手になるまで手を出さない方が良さそうですねぇ。

2030過ぎに白門に戻って白に着替え。
タブナジアリングを使って「タブナジア地下壕」に飛び、「應龍来々」に備えます。

鞄の空きスペース一杯にハイエーテルタンクとヤグートドリンクを詰め込み、
「ミザリオ海岸」経由で「リヴェーヌ岩塊群サイト」に向かいます。

画像


BC「應龍来々」

ENM「幻の右」等での戦利品アイテム「祈雨石」を
「リヴェーヌ岩塊群サイトA01」のI9のワープポイントにトレードすることで
挑戦できるBCです。

プロマシアミッションで戦うことになる「応龍」との再戦BCですが、
ミッションでの「応龍」とは比べものにならない強さの「應龍」の他に
ミミズの「地竜」や土や水エレメンタル等が同時に出現します。

基本的に「応龍」戦の戦法が「應龍」戦にも当てはまりますが、
ミミズやエレメンタルの対処が戦線維持のキーになるBCですね。

解説はさて置き、裏LSの知り合いから
このBCのヘルプを頼まれ白で参加することになりました。

2100には「リヴェーヌ」の入口に到着。

ナ2、シ、赤2、黒8、白2、詩2の17人を
盾pt、ミミズ&エレメンタル対応pt、精霊砲撃ptに分けて編制します。
今回は精霊砲撃ptでの参加になりましたね。

編制終了後、「リヴェーヌ岩塊群サイトA01」に突入してBCワープポイントへ。
「巨大な鱗」は必要ないのでアクティブな敵を回避すれば苦も無く辿り着けます。

2121に「應龍」BCに突入。
75レベル装備一式を装備しなおして、プロテアX、シェルラX、真空の鎧、
リレイズV、ストンスキン、バストンラをかけてMP回復。

画像


盾ptが「應龍」を釣って戦闘を開始します。

「應龍」はBCの浮島の外縁部まで引っ張ってましたね。
「應龍」の範囲攻撃外の浮島外縁に精霊砲撃ptと盾ptの白が展開。
水エメンタルは精霊砲撃ptから更に後ろでキープしていました。

「應龍」の足元にはミミズと土エメンタルが居たかなぁ。
これらにはミミズ&エレメンタル対応ptがサイレスやスリプルで対処。

肝心の「應龍」に対する攻撃は、
「應龍」が空中に飛んだ時のみに精霊砲撃ptの一斉射撃、
「應龍」が地上に降りたら寝かせてキープするの繰り返し。
「応龍」戦の黒パーティーによるスリプル&フリーズ戦法の拡大版と言えるかな。

精霊砲撃ptでの白の役目は、
ptにWSやガ系が着弾した際のケアルガ、バストンラとバブレクラの掛け直し、
盾ptへのケアル&ストナ支援になります。

途中、寝なくなったエレメンタルを精霊斉射で撃破していましたが、
「應龍」が飛んでは精霊で落とし、落としては寝かすの繰り返すを20分近く続け
戦闘不能者を出さず、2145に「應龍」を撃破。

続いて、手に入った「帝龍の玉」1個を使いBC「帝龍降臨」に挑戦します
(今剣、チュトラリー、真龍角、各種石がドロップしてたかな)。

長くなりますので日記を分割します。

ファイナルファンタジー11アンソロジーコミックまた会えたね (1)
ファイナルファンタジーXI アンソロジーコミックまた会えたね1  (BROS.COMICS EX)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BC・「應龍来々」 勝手気ままに、我がままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる